中古ドメインによる被リンク数を自分で増やす方法

被リンクの数は、SEO対策において重要な点の一つです。
中古ドメインはもともとある程度の被リンクを持っていますが、それを自分で増やす方法もいくつかあります。
一つ目は、「知り合いに依頼する」。
知り合いや顧客にサイトを運営している人がいたら、リンクを貼ってもらうよう頼んでみましょう。
知り合いは、友達や仕事上の付き合いのある人の中から選びます。
顧客に対しては、自分のサービスを利用してくれた時に送るお礼のメールなどに、一言書いておきます。
もちろん皆が皆貼ってくれたりはしませんが、一定の人は応じてくれます。
注意しなければならないのは、「アンカーテキスト」です。
URLではなく、「ページのタイトル」をアンカーテキストにしてもらうのがポイントです。
たいていページのタイトルにはキーワードが入っているので、それをアンカーテキストにすることで、効果の高い被リンクとなります。
二つ目は、「広告を打つ」。
個人でサイトを運営している人の中には、営利目的ではない場合があります。
そういった人に「広告を打ちたい」という申し出をすると、月500~1,000円程度で打つことができます。
さらに、そのサイトが自分のサービスを紹介している物であれば、そこから顧客を誘導することもできます。
三つ目は、「競合サイトに依頼する」。
たいていのサイトには、競合が存在します。
それらのサイトの被リンクを調査して、その被リンク元に頼むという方法です。
似たサービスのサイトにリンクを貼っているのですから、自分のサイトにも貼ってもらえる見込みはあります。
相手がブログを書いている場合、記事にできそうなネタを供与すれば、リンクを貼ってもらえる可能性が上がります。