中古ドメインを活用した分散実験について

中古ドメインを活用するウェブサイトの多くがサテライトサイトでの運用を検討していると考えられています。サテライトサイトは従来、無料ブログサービスがよく利用されてきましたが、検索サイト側のアルゴリズムが変わったことでただあれば良いというサイトから意味があるサイトに評価ポイントが変わったと考えられています。しかし、サテライトサイトにコンテンツを充実させる余裕が無いユーザーが多いことから中古ドメインを活用してサテライトサイトを効率的に運用する実験が行われています。実験では分散IPを適用したWebサーバに多数のサテライトサイトを展開し、中古ドメインを適用グループと適用せず新規にドメインを適用したグループに分けて運用が続けられています。結果としては中古ドメインを利用したサテライトサイトの方が効果的にPVを集められ、メインサイトへのPV流入を行えたという事例が多くなっています。ただし、ただ単位中古ドメインを適用しても効果が出ないケースがあったので要注意です。効果がでなかったサイトの特徴としてはコンテンツ不足と中古ドメインのカテゴリと違うコンテンツがあったことです。コンテンツ不足については検索サイト側でのチェックが厳しくなっていますので理解されやすいですが、カテゴリ違いについてはあまり理解が進んでいないようです。中古ドメインは設定しただけでは効果が出ないことが分かってきています。重要なことは中古ドメインのカテゴリを活かすことです。インデックスがせっかく作られていてもカテゴリが違えばインデックスはないにも等しいです。また、検索アルゴリズムによってはインデックスが変わっとして削除されることもありますのでコンテンツについてはしっかり準備することが大事です。