.comの中古ドメインとルータ設定画面について

中古ドメインでもっとも人気があるのは.comですが、数が多いだけにいくつか注意して選ぶ必要があります。選択する際の注意点はドメインの履歴です。ドメインの履歴とはドメインが登録されてからどのように利用されてきたかです。ドメインによっては取得されてから一度も利用されずに今に至る場合もありますが、注意点は違法サイトでの利用やスパムメールとして利用されていないかどうかです。.comはインターネットが生まれてすぐに誕生しているのでさまざまな利用がされており、残念ながら危ない使われ方もしています。そこでチェック死体ポイントとしてはメールのブラックリストと検索サイトでのインデックスです。メールのブラックリストとは有志によって管理されているリストであり、誰でも閲覧、検索サービスが利用できます。リストに載る条件としては大量にスパムメールを出していることや悪質なメール、ウイルス添付メールなどを出していることが上げられています。掲載削除申請も出せますが、基本的には一度載ってしまったら中古ドメインとしての価値は無いと考えておきたいです。また、検索サイトでのチェックも重要です。ドメイン検索をすることで検索サイトがドメインをどのように評価しているかが分かります。ウェブサイトでの利用がわかっているならインデックスの数、種類が重要となります。インデックスについてはカテゴリやキーワードも一緒にチェックしておくとウェブサイトを作る際に参考になるのですが、違法サイトやアダルトサイトでの利用履歴が無いかを確認しておきたいです。メールのブラックリストの掲載もそうですが、このようなドメインの利用はセキュリティソフトが立ち上がってルータ設定画面すら警告を出すことがありますので注意しておきたいです。